2011年 03月 30日

雇用保険

業所が災害を受けたことにより休止・廃止したために、休業を余儀なくされ、賃金を受け
ることができない状態にある方については、実際に離職していなくても失業給付(雇用保険の基本手当)を受給できます(休業)。


※災害により直接被害を受け、事業所が休止・廃止になり、休業した場合または一時的な離職をした場合が対象となります。

※上記の失業給付は、雇用保険に6カ月以上加入しているなどの要件を満たす方が対象となります。

●上記①に該当する方は、働いていた事業所がハローワークに「休業証明書(通常の離職証明書
と同様の様式)」を提出していることが必要です。来所される際に、事業主から交付される
「休業票」をご持参ください。

※事業所から「休業票」や「離職票」を受け取れる状態にない場合は、その旨、ハローワークにご相談ください。

○ 休業を余儀なくされた方について

震災により雇用される事業所(※)が休業することとなったため、

一時的な離職を余議なくされた方に対して、生活の安定を図るために雇用保険

失業給付の基本手当を支給する特例措置を実施します。

※ 災害救助法に指定されている地域に所在する事業所が適用対象となります。

宮城県は、県下全市町村全てが対象です。

○ 雇用保険受給者の弾力的取扱いについて

震災のために指定された失業の認定日にやむを得ずハローワークに来所

できない場合は、ハローワークに申し出ることにより、失業の認定日を変

更する措置を行います。

また、他のハローワークで失業の認定を受けることを希望される方は、

他のハローワークでも失業の認定を受けることができます。

詳しくは各ハローワーク又は宮城労働局職業安定課(??022-299-8061)ま

でお問い合わせください。



emoticon-0155-flower.gifパートの方でも雇用保険に加入してれば保障されます。

電話で確認してみて下さい。
[PR]

by haru-mokkosi | 2011-03-30 09:06 | 震災


<< 津波映像-3      携帯ソーラ-充電器 >>