気ままな婆ぁさん

harubaba.exblog.jp
ブログトップ
2011年 04月 11日

1ヶ月経ちましたね


震災から1ヶ月・・


津波で影響のなかった地域は少しつづではあるが

いつもの穏やかな雰囲気が戻って来てるいるように思える。

しかし沿岸部地域で被害に合われた方々の生活状況は

まだまだ時間が掛かりそうです。

全国、世界各国からの支援物資、救援、義援金等で

東北は助けて頂いてます。

完全な復興までには3年・・5年・・10年とかかるでしょう。

この震災で命”を絶たれた方々の為にも

今、生きてる我々が出来る事はそれぞれあると思います。

小さな事でも地域復興、救援の為にババも出来る事はやって行きたいと思ってます。





3月11日 震災当日




翌日の義父の命日って事もあり

花とお菓子を買って若林区荒浜地区の義母宅へ(13時着)




義母は娘と買い物に行くんだぁ~とお茶っこ飲みながら


義妹を待ってました


義妹が家に来たのが13時45分

3人で少し話をして時計を見たら14時

んじゃー 出かけるべ~と


義母と妹は買い物へ


ババは・・・釣りに行くべ~と


お互いほぼ同じ時間帯に家を出ました






ババは朝から名取市閖上の河口から少し上の汽水域あたりで

サクラマスを狙う予定で準備して義母宅へ行ったんですね。



荒浜地区から閖上地区までは車で15分の場所


朝からテンション高めでやる気満々のババだったのに


閖上に行く方向と自宅に帰る方向の

分岐点に差し掛かった所で(信号無い所)


・・・何故か車を止めた


そしたら急に眠気と目眩と体調が悪くなり


数十秒?・・1分も止まってただろうか?


さっきまで体調が良かったはずなのになぁと思いながら


無理しても仕方ないので


素直に自宅に戻った(14時30分頃)


自宅に戻りプリンの世話を少ししてから


布団で横になって数分後にあの大地震が来た




大パニックの中、プリンと一緒に外に脱出して


泣きながら近所をウロウロ・・


15時過ぎにジジが自宅に戻って来て


車の中でTVを見ながら情報を見ていた


15時40分過ぎの映像には


予想もしてなかった衝撃な映像が飛び込んだ









ババが行こうとしていた名取市閖上 





















ババが行こうとしていた閖上は


津波によって町は破壊された


きっとババは閖上に居たら


津波に巻き込まれていただろう


津波をナメていたババっだったから


きっと避難もせず、ノラノラとまた竿を振ってたかもしれない。



運命の分かれ道・・


あの時ふと止まって自宅に帰った事で


ババは今こうして生きている


12日が命日だった義父が帰れ~って導いてくれたのだろうか?


それは分からないが、とにかくババは生きてる


今までダラダラと生きてきた人生だったけれど


命”を大事にしてしっかり生きていこうと思ってる。

[PR]

by haru-mokkosi | 2011-04-11 11:14 | 震災


<< 買い物      津波映像-5 女川町 >>